本日 85 人 - 昨日 124 人 - 累計 232559 人[サイトマップ]
トップページ画像

最近のお知らせ
2016年06月30日 17:30
■ウィンドウが画面の端に移動されたとき全画面になってしまう「ウザッ機能」を停止します。
(なんでこんな機能がデフォルトで付いてんねん全く)
(この機能を加えたいのなら、解除はタイトルバーを右クリでできるように作ってくれよぉ!!)
・windows 7
・windows 8
・windows 10
> [コンパネ]コンピューターの簡単操作センター
> キーボードを使いやすくします
> ウィンドウの管理を簡単にします
> ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします

そりゃキーボードでウインドを上下左右に動かせるけど、普通マウスで動かすでしょ。なんで「キーボードを使いやすくします」?ムカッ!
だいたい2画面分割使ってる人どれくらいいるんだ?見たことないぞ。


■ファイル名の数値の並び順を元に戻す
・windowsXp
> レジストリエディタregedit.exeを開く(ファイル名を指定して実行、若しくはwindows>system32>regedit.exe)
> HKEY_CURRENT_USER → Software → Microsoft → Windows → Currentversion → Policies → Explorer
> メニューバー→<編集>→<新規>→
> 名前を「NoStrCmpLogical」とする
> ダブルクリックで開く
> 「値のデータ」を「1」に

・windowsVista
・windows7
・windows8
・windows10
> ローカル グループ ポリシー エディターgpedit.mscを開く(プログラムとファイルの検索、若しくはwindows>system32>gpedit.msc)
> 左側のペイン → ユーザーの構成 → 管理用テンプレート → Windows コンポーネント → エクスプローラー
> 右側のペイン → 「エクスプローラーで数値による並べ替えを無効にする」をダブルクリック
> 「有効」を選択し「OK」

Windows7のHomeEditionにはグループポリシーエディターが存在しないらしい。
HomeEditionを使ってる方は、Xpのようにレジストリエディタでやってもらうしかない。
Windows7ProfessionalのレジストリエディタではXpと同じ場所に「NoStrCmpLogical」があったのでXpと同じでいんではないだろうか。

Xp以降のデフォルトの並び順は良い並び順とは言えない。そもそもユーザーがファイルの末尾に番号をふる際、ちゃんと、
*000
*001
*002‥‥
と名前を付けるべきなのだ

因みに、ネットでダウンロードしたfilesを一括リネームするアブリ。Flexible Renamer


■windows aero をなるべく軽く
・windows 7
> [コンパネ]個人設定
> Aeroテーマ
> Windows7

> [コンパネ]システム
> システムの詳細設定
> パフォーマンス
> 視覚効果
> カスタム
画像

・windows 8
・windows 10
> [コンパネ]システム
> システムの詳細設定
> パフォーマンス
> 視覚効果
> カスタム
画像


■ハイバーネイト
・windows 7
・windows 8
・windows 10
> [コンパネ]電源オプション
> 電源プランの作成

> 詳細な電源設定の変更
> 現在利用できない設定の変更
> スリープ
> オフ 次の時間が経過後スリープする
> オフ ハイブリッド スリープを許可する
> 60分 次の時間が経過後休止状態にする
> 無効 スリープ解除タイマーの許可


■ハイバーネイトで、TAと繋がったままだと再起動してしまうバグ
> lanケーブルを抜いて休止状態にする。バカらしい。

microsoftは、セキュリティー関連のアップデートはするが、オペレーション上のバグは絶対修正しない。


■windows xpで、アプリケーションを起動しようとすると、メモリが大量に余りまくっているのに「メモリが足りません」と出るバグ。
> 他の適当なアプリを起動してから、もう一度、起動したいアプリケーションを起動してみる。

microsoftは、セキュリティー関連のアップデートはするが、オペレーション上のバグは絶対修正しない。


■windows 10 デスクトップの背景色を自由に変更
・windows 10
> 「ファイル名を指定して実行」を起動(「スタートボタン右クリ」若しくは「Win」+「R」)
>
control /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaper
と入力
> 33色の中から選ぶ。または(その他)から選ぶ


■ゴッドモード
・windows 8
・windows 10
> フォルダを新規作成
> フォルダ名を
GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
とする


■終了をキーボードのみで
・windows xp
[w].[↑]

・windows 7
[w].[→]

・windows 8
[w]+[i]

・windows 10
[w]+[x]

なんでosによって終了コマンド変えるか!。ビル・ゲイツ任地ちゃうか?


■通知
・windows 10
> タイルから設定(なんでタイル?わかりずらいわ。従来通りタスクバーからできれよ。)
> システム
> 通知とアクション
> タスクバーに表示するアイコンを選択してください


■windows7 スタートメニューの面積を広げる
> スタートボタンを右クリック
> プロパティ
> [スタート]メニュー
> カスタマイズ
> 「最近使ったプログラムの表示数」初期値10を、最大30まで変更可能。
(1280x1024では"30"に設定しても"22"個分が画面の限界)

キーボード&マウス-インターフェイスのスタートメニューはwindows95で既に普遍のスタイルが確立されていてOSをアップグレードしてもこのスタイルは踏襲されるべきなのにマイクロソフトは使いづらいスタートメニューに変えてしまった。ビル・ゲイツ任地ちゃうか? 車のメーカーならこんなことは絶対しない。


■自動的に現在のフォルダまで展開する
・windows7
> 「ツール」>「フォルダー オプション」
> 「全般」
> ナビゲーション ウィンド
> 「自動的に現在のフォルダまで展開する」

・windows 8
・windows10
> 「表示」>「ナビゲーションウィンドウ」
若しくは
> 左側のナビゲーション・ツリーの空いている隙間にて右クリ
> 「現在のフォルダーまで展開」

・windows10
> 「ファイル」>「フォルダーと検索のオプションの変更」
> 「表示」
> 「詳細設定:」
> 「開いているフォルダーまで展開」

なんのためのフォルダツリー?


■windows7 ウィンドーの境界を細く
> [コンパネ]個人設定
> ウィンドーの色
> デザインの詳細設定
> ウィンドーの境界の間隔 >0


■タスクバー、同じグループのタスクをひと纏めにしないようにするには
・windows xp
> タスクバーを右クリ
> 「同様のタスクバーボタンをグループ化する」のチェックを外す

・windows 7,8,10
> タスクバーを右クリ
> プロパティ
> タスバーのボタン
> 結合しないを選択

わかりづらい。[タスクバーを右クリ]でサブメニューで出せよ。
[グループ]が[結合]に変わってるのは日本語版だけ? とにかくわかんねー。


■マルチブートでブートメニューの編集
・windows xp 以前
boot.iniファイルをメモ帳で開いて改竄します。(十分注意して改竄して下さい。書き間違えたらどーなっても知りません。)

・windows vista 以降
> 「cmd.exe」を「管理者として実行(A)」
(プログラムとファイルの検索>cmd>を右クリ[windows7.8.10])
(または、ルートドライブ:\windows\system32\cmd.exeを右クリ[windowsVista.7.8.10])
> bcdedit /v

(コマンドプロンプト(cmd)というのは、いわゆるDOSそのものです。
ブートメニューがDOSなのでブートメニューの編集もDOSでやってしまおうということでしょう。
従来はキーボードのみの環境であり、DOSプロンプト自体にはコピペ機能もありませんでした。
現在のcmdも基本的には同じですが、マウスを使ってコピペできるようになってます。)

①名前変更
> bcdedit /set {identifier(識別子)} description "名称"

"windows 7" → "windows 7b" に変更したい場合
bcdedit /set {jdg35jjewdfsot3iq450ug4jwe4ujfae495uq} description "windows 7b"
> コマンドプロンプト画面上で右クリック、「範囲指定(K)」をクリック
> マウスで文字列をドラッグ
> リターンキーを押す
これで、背景が白くなった範囲をコピーできました
> メモ帳上などで、文章を完成させる
bcdedit /set {jdg35jjewdfsot3iq450ug4jwe4ujfae495uq} description "windows 7b"
> 右クリック、「貼り付け」
> リターン
> bcdedit /v
で変更を確認できます。

②起動os変更
> bcdedit /default {identifier(識別子)}


■ie8 ie9 に検索エンジンを追加する方法
・windows 7
> ie11をインストール
> 検索エンジンを追加(追加のプロバイダーを検索)
> ie11をアンインストール
バカらしい方法だけど、これしか手は無いのでは?(201607)


■エクスプローラーのショートカットのスイッチ(ターゲットフォルダを開くショートカットスイッチ)
> エクスプローラーのショートカットを右クリ
> プロパティ
> リンク先
> %SystemRoot%\explorer.exe
のケツに、
> /e,[ターゲットフォルダ]
と入力
例) %SystemRoot%\explorer.exe /e,C:\os


■更新しないでシャットダウンしたい(すぐシャットダウンしたいのに更新なんかしたらいつ終わるかわからない)。
・windows 7
> alt + f4


■デスクトップの場所
・windows 7
・windows 8
・windows10
[ルートドライブ]:\ユーザー\[ユーザー名]\デスクトップ
[ルートドライブ]:\Users\[ユーザー名]\Desktop


■エクスプローラーでメニューバーを常時表示
・windows vista
・windows 7
> 整理
> レイアウト
> メニュー バー


■webブラウザで空白ページを表示させる
・ie
・chrome
・FireFox Mozilla
・他も多分?
インターネット・アドレス欄に[about:blank]と入力。お気に入りに追加もできるよ


■コントロールパネルを開いた時、「全てのコントロールパネル項目」で開くようにする方法
> 「全てのコントロールパネル項目」にして手動で閉じれば記憶されるように思う


■バックアップ
・windows vista
・windows 7
・windows 8
・windows10
コンパネ>バックアップは、システムのバックアップではない
システムのバックアップは、コンパネ>システム>システムの保護


■スリープや休止状態ののち起動で「ロックしています」がうざい
・windows vista
・windows 7
・windows 8
・windows10

> 使用中のプランで、復帰時のパスワードを必要とする
> はい→いいえ

(「パスワードを必要としない」にしてるのに出る場合があるらしい)


■ps
cmyk
> 80/380
一般
> ヒストリ 1000
ファイル管理
> 最後に使用したファイルのリスト 30
単位・定規
> 定規 pixel
プラグイン・仮想記憶ディスク
> def-drive.
データドライブ


■winmailの場所
・windows xp(Outlook Express)
> [ルートドライブ]:\Program Files\Outlook Express\msimn.exe
・windows vista
・windows 7
・windows 8
・windows10
> [ルートドライブ]:\Program Files\Windows Mail\WinMail.exe

[Outlook Express]と[WinMail]とは名前が違うだけで同じものなのですたぶん。
windows vistaまでは皆さん使ってました。
windows 7以降は、[WinMail]はインストールされてるのですが、起動できないようになってます。
起動方法はネットでググれば出ますが、フェリスは今まで成功したことがありません。
それほどややこしいのです。
セキュリティーを設定しなければならないのですが、一向に出来ません。


■ユーザー名の変更
> コンピューターの管理
> ローカル ユーザーとグループ
> ユーザー
> 名前を右クリ
> 名前の変更
> (すぐにosを再起動しないと、先へ進まないオペレーションがあり)


■xpで、終了オプションを「ボタン」にするか「メニュー」にするか
> コンパネ
> ユーザーアカウント
> ユーザーのログオンやログオフの方法を変更する
> ようこそ画面を使用する


■ウィンドウが全画面表示(画面一杯)されてしまった
> F11(またはマウスポインタを上に持っていく)


■windows10 update
・windows10
> タイルから「設定」
> 「更新とセキュリティ」
> Windows Update

これはアホくさい。さらに「windows defender」「バックアップ」「回復」は、コンパネと両方にある。
両方にあるものは「更新とセキュリティ」の他にもまだある。バカくさい。


■■■■windows10 新規インストール
Windows7・Windows8.1から、windows10へのアップグレードを倦厭するムードが高まってるけど、
なにも、アップグレードしなくとも、
Windows7マシン・Windows8.1マシンに、windows10を新規インストールし、マルチブートできるようにすればよいわけで、

とはいえ、そのためにはまずHDDを増設・パーティションを切る作業をして頂く必要があるわけで、
まあ皆さん、スリム型パソコンにHDドライブが一台、パーティションも1個しかない環境の方が多いので、ハードルは高いわけですが。
(OSがインストールされているHDDを複数のパーティションに分割
http://faq.epsondirect.co.jp/faq/edc/app/servlet/relatedqa?QID=029083
する方法もありますが、私はイヤですね。)

・参考
> 無償アップグレードのWindows 10をクリーンインストールする最強の方法
http://makeyoufree.net/windows10-clean-install-without-upgrade/
> 【Cドライブ激減】 Windows10 はクリーンインストールして使うべき
http://makeyoufree.net/strongly-recommend-windows10-clean-install/
より参考

・ちなみにアップグレードできるエディション
そもそもWindows10エディションは 7種類
そのうち無料なのはHome、Pro、Mobileの 3種類

Windows7・Windows8.1のどのエディションが、Windows10のどのエディションにアップグレードできるかは、
http://microsoftnews.hatenablog.jp/entry/windows10.edition
などを参照して下さい。

・とにかく、どーせならwindows7(windows8.1)とwindows10をマルチブートで使いたい。
というわけで
・windows10 インストールDVDを焼いて新規インストールする方法

> ブランクDVDをrwドライブにセット
> Windows 10 ダウンロードサイト
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

> ダウンロードを実行

ダウンロードが完了したら

> 「他の PC 用にインストール メディアを作る」を選択
> ISO ファイルを選択
> DVDに焼く

・ 「gatherosstate.exe」ファイルの取り出しと実行
エクスプローラー(windows7)で
> alt
> ツール
> フォルダー オプション
> 表示
> 「隠しファイル」を表示する
> 「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す

焼いたDVD内の
> 「source」フォルダーの中の「gatherosstate.exe」をデスクトップにコピー
> 「gatherosstate.exe」を実行
> 何十秒後かに「GenuineTicket.xml」が作成されるので、それをインストール予定のドライブ(パーティション)以外にコピーしておく
(デスクトップに置いたままだと、アクセス制限がかかったりするので、ルートなどに置いた方がいいよ)

・再起動し、DVDからブート
> プロダクトキーの入力画面が出たら「プロダクトキーがありません」をクリック
> インストールの種類で、カスタムを選択
> インストール先を選んで、次へ
インストールが始まります。

・インストールが完了。再起動され
> プロダクトキーの入力画面が出たら「後で」をクリック

この時点では、ライセンス認証されていません。

・ライセンス認証
windows7 同様、windows10も、
> 「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す
> 「隠しファイル」を表示する
> Cドライブの中の「ProgramData」→「Microsoft」→「Windows」→「ClipSVC」→「GenuineTicket」フォルダー
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\ClipSVC\GenuineTicket\

「GenuineTicket.xml」をコピー

・再起動する
「PC(コンピューター)」を右クリック「プロパティ」をクリック
「Windows をライセンス認証するために、インターネットに接続してください。」という表示に変わっています。
> スタートボタンを右クリック→「コマンドプロンプト(管理者)」をクリック
>
slmgr.vbs -ato
と入力、リターン
しばらく待つと「製品は正常にライセンス認証されました」とポップアップが出る
Windows8のスタートメニューは【タイル】なワケですが、
デスクトップにスタートメニューを出現させる、
「日経PC21 2013年2月号」に紹介されたこんな簡単な方法があったなんて!!!!。
画像

Windows7,Windows10でも有効

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12119245512
Yahoo!知恵袋より転載

ベストアンサー以外の回答1~1件/1件中
miya666699993333さん
2014/1/1615:32:42
簡単な方法があります。
① 画面の下にあるタスクバーを右クリック→ツールバー→新規ツールバー
② 「%ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs」(カギ括弧は含めない)と入力し、「フォルダーの選択」を押して完了。
裏ワザ的になりますが、こうすることでアプリ(アクセサリーやスタートアップなど)を開けます。
参考・・・日経PC21 2013年2月号

「StartMune8」や「秀丸スタートメニュー」をインストールしなくてもよい。

是非これをみなさんにも広めて頂きたい。
画像
我が家の洗濯物用衣類乾燥システムです。といってもただの扇風機です。
わかりにくいですが、天井から逆さに吊るしてます。
扇風機乾燥機です。

しか~し。この威力、侮(あなど)れない。
カビが生えそうな梅雨時でも、見事に乾きます。
室内干しの生乾き(雑巾臭いにおい)もこれでバッチリ解消!!!!

・コインランドリーの乾燥機は高い。
・家庭用の衣類乾燥機も乾燥時間がかかり電気代ガス代がかかります。
・それに衣類が熱で痛んだりシワシワになったり‥‥。

そんな無駄金を使わなくとも、扇風機が一番!!

因(ちな)みに、ほかにも、扇風機を下に置いてもみましたが、
扇風機の風を下から当てると洗濯物が煽られて動くので、やはり上から当てるのが一番よいです。

もひとつ因みに、写真は扇風機ではなく、サーキュレーター(空気循環器)ですが‥‥。

まあ、乾燥に1-2時間はかかるので、大量の洗濯物には対応できませんが‥‥。
といっても通常、生乾きが起こるのは、雑巾とタオルと厚手のジーンズなので、それらを中心に扇風機に当てればいいと思います。

felith
★イスラム国、身代金の映像、合成ではなく「360°全天カメラ」を使用。

『「イスラム国」身代金2億ドル(376億円)を72時間以内に支払わなければ日本人の人質2人を殺害するぞ。』

正面から撮った映像は、後藤さんと湯川さんの影がおかしい、合成されているのではないかと言われてますが、
合成ではなく、「360°全天カメラ」を使えば、そのように映ります。

グーグル「ストリートビュー」などで使われている、360度全天球が撮影できる球状カメラ「Bublcam」などです。

一見3人は、横一直線に並んでいるように見えますが、

画面左の後藤氏は、太陽を右に見て座っている。
画面右の湯川氏は、太陽を左に見て座っている。

つまりこの3人は、「360°全天カメラ」を囲むように座しており、
その結果パノラマ映像になるため、横一直線に並んでいるように見えるだけです。

「広角レンズ」ではレンズが1個なのでこうはならないでしょう。
複数の「広角レンズ」をソフトウエアで繋げる「360°全天カメラ」ならばこうなります。

「360°全天カメラ」を使ったことにさほどの意図は無く、そのカメラがあったので使ったというだけの事なのではないでしょうか。
画像
フェリス
日本から虫歯を無くす方法をフェリスなりに列挙してみた。
(インラインフレームを使用しているのは、grupoが、テーブルがうまく表記されない場合があるからです。)



★あの話の真相を探れ★ブログ一覧こちら

フェリス
更新履歴
  • Search

  • Mobile QR
  • QRコード携帯電話からも
    アクセスできます。